データ復旧サービス 忍者ブログ


ワームの姿勢を安定させてなまずに食わせたい

2015年01月28日
なまずの活性が低いとき、スレているとき、有効なのがソフトルアー。
なまず釣りと言うとトップで釣るのが一般的だけど、一つの手段としてはアリです。
もちろんトップのような豪快さはないけど、ワームでなまず釣りも面白いです。


ワームの釣りで重要なのが、泳ぐ姿勢。
フックの刺し方でクルクル回ってしまったり、泳がなかったりとなかなか難しい。
私の場合、なんとか泳ぐのだけれど、上下が逆さまになって泳いでいることもしばしば・・・。

そこでこんな事をやってみました。
私がナマズ釣りで主に使うのは、オフセットフックとバレットシンカーを使ったテキサスリグ。
草の生え際などからリトリーブするので、障害物に強いこのリグが9割です。

普通ならばワームにフックを刺すだけなんだけど、姿勢を安定させるのにナットを使いました。
ネイルシンカーやぶらさげるシンカーもあるらしいけど、コレは安くて簡単!
25コくらい入って100円程度?
噛み潰しオモリを使う人もいるけど、フッキングしたときに障害になりそうな気がして。
スライドするので、キャストした時の飛距離も伸びそう!
個数を多くしたり調整も利いて、コッチの方が使いやすいかも?って感じww



今回使っているのは、六角ナットのM4サイズです。
もう少し重くても言いような気がするけど、あまり大きいと障害になりそうなので個数で調整します。

コレで姿勢も安定してスイミングやボトムタッチもできそうです。
釣果やいかに・・・。


早くナマジングシーズン来ないかなぁ
PR