データ復旧サービス 忍者ブログ


キャタピー+タコベイト

2014年07月06日
魚釣りの面白さは、工夫だと思う。
どうやったら魚が釣れるのか・・・。
それはポイントなのか、ルアーアクションなのか、タックルなのか・・・。
自分が工夫した結果で、魚が釣れた時の喜びは何物にも替え難い。


ちょっとリアフックについて考えてみた。
ルアーの後ろから追跡してバイトする時はリアフック、待ち伏せバイト型はベリーフックにフッキングする事が多いと感じているのだが、私の場合フッキングするのはリアフックが多い。
そこでフッキングの確立を上げる為にはどうしたら良い物か・・・。

一般的なのは、スプリットリング追加、ダブル及びトリプルフックの変更、トレーラーフック追加などだろう。
これは主にフックを後方に伸ばして、フッキング率を上げる作戦。
他にフッキング率を上げる方法は無いものか。

ソコで考えたのがコレ↓


リアフックにタコベイト。
吸い込みの抵抗を大きくして、フッキング率を上げようと言う物。
試しに100円ショップで売っているタコベイトを装着させて見た。

ちなみに上のキャタピーは、スプリットリング1個+トリプルフック+タコベイト。
下のキャタピーは、スプリットリング2個+ダブルフック+タコベイト。

タコベイトの装着方法は簡単。
タコベイトの頭をカットし、一旦外したフックに通し、再度スプリットリングに取り付ける。
フレアの長さはお好みでカットOK。
タコベイトにより、自然なアピールと、バイトの時の吸い込み抵抗が上がり、釣果に繋がる予定。w

7月に入ったというのに、まだ一匹もゲットできていないと言う情けない状況を打破できるウェポンとなるだろうか。
PR