データ復旧サービス 忍者ブログ


ナマズ釣りに使うのはスピニングリールか?ベイトリールか?

2014年06月11日
釣れていません (ノ◇≦。)
ココに書く以上に時間を作って行っているのですが、残念な結果ばかりです。
なので今回もタックルについて書こうと思います。


ブラックバス釣りをやってナマズもやるという方は最初からベイトリールと言う方もいらっしゃるかと思いますが、北海道にブラックバスはいない(事になっている)ので、最初はスピニングリールで始める方が多いのではないかと思います。
北海道ではトラウトフィッシングやロックフィッシングの次のターゲットとしてナマズを選ぶ方は多いようです。


ところでナマズ釣りに向いているのは、スピニングリールとベイトリールのどちらなんでしょう。
スピニングリールの利点は・・・
 ・ 軽いルアーをキャストできる。
 ・ 飛距離が出る。
 ・ ライントラブルが少ない。
 ・ ドラグ性能が高い。
 ・ ドラグ音が気持ちいい

対してベイトリールの利点は・・・
 ・ ラインが放出と同じ方向に巻いてあるので、太いラインも扱える。
 ・ 太いラインが扱えるので、大物も相手にできる。
 ・ キャストコントロール性が良い

簡単に言えばこんな感じでしょうか。
では改めて、ナマズ釣りはどちらか・・・?
ナマズの引きは強いけど、暗闇でのバックラッシュはカンベンして欲しいしw

私の考える結果は、「どちらでもイイ」です。
しかし中級者以上にはベイトリールですかね。
その理由は、コントロール性とライントラブルです。
ナマズはストラクチャーや壁際などの狭いポイントを狙う事が多いです。
そういう点では、最終的にベイトリールをオススメしたいですね。

最初はスピニングリールで始めて、もっと極めたくなったらベイトリールを練習して使えばよいのかと。
ベイトリールはキャストが難しいですよね。
バックラッシュ地獄から脱出するキーワードはブレーキと練習です。
まずはブレーキを強めに掛けて、少しずつ調整しながら緩めていきます。
ブレーキ調整がウマくできれば、バックラッシュは激減するハズです。
ベイトリールは飛距離よりもコントロール性と思って練習しましょう。
PR