データ復旧サービス 忍者ブログ


ナマズ釣りのタックルについて - ナマズ釣りを始める人へ

2014年05月30日
近年、ナマズ釣り人口が増えています。
身近な水路などで釣れ、強い引きが楽しめると言うのがその魅力でしょう。
しかし取っ付き易い分普段使っているライトタックルで釣りに行き、魚をただ傷めて帰るという方もいるのが現実です。
釣り人の不注意でファイト中にラインブレイクすると、鯰はルアーとラインを口に付けたままになってしまいます。
ルアーなどの異物を外そうとする時に鯰は体を回転させるのでラインを魚体に巻きつけてしまい、その後弱り最悪死んでしまいます。
そういう事にならないように魚種に合ったタックルをチョイスして、楽しく釣りをして欲しいと思います。


ではどんなタックルで釣りをすればいいのか。
一番は専用タックルが使いやすくていいのでしょうけど、最初っから揃える必要はないと思っています。
魚釣り全般で言える事ですが、高いタックルを使ったからと言って釣れる様になるワケではありません。
まずは今持っているタックルを流用出来るかどうか確認して見ましょう。


一番の目安となるのが、""16lb(ナイロンでは4号)以上を使えるタックルかどうか。""


ナマズ釣りでは、『直線引張り強度』が16lb(ナイロンでは4号)以上のラインを使うことをお勧めします。
その理由は、鯰の引きが強い事も理由の一つですが、ルアーの回収、魚のリリースとナマズ釣りトータルを考えての答えです。
高い足場から抜き上げなければならないようなポイントでは、もっとライン強度が必要です。
最終的にナマズ釣りへの流用が可能なタックルは、"16lb以上のライン"を巻けるリール、キャスト・アクションできるロッドと言うことになります。

例えば北海道の淡水釣り人口で多いトラウト釣りですが、通常トラウトタックルで使用するラインの多くは2号(ナイロン8lb)かそれよりちょっと太い程度でですので流用できません。
ロッドも比較的柔いモノが多いので、竿の調子によっては難しいでしょう。
防波堤などの投げ竿では16lb以上のラインを巻いているものの、長いロッドを狭い水路等で使うのは無理があります。
その点、ロックフィッシングなどは、16lb以上のラインを巻いていれば流用できると思います。
ロッドも柔すぎなければ大丈夫だと思います。
一番流用しやすいのが、ブラックバスタックル。
今のようにナマズ釣りが知られる迄は、バスタックルでした。

流用可能なタックルを持っている方は、まず釣ってみるのが良いかと思います。
実際に釣ってみて、もっとこうだったら、ああだったらと言う改善点が出てくると思います。
その時にタックルを改善するのが良いと思うのです。


ラインについて以前に書いた記事がありますので、コチラも合わせてご覧下さい。
【ナマズ釣りで使用するラインについて】
http://namazuturi.omaww.net/tackle/ナマズ釣りで使用するラインについて


リールなどその他のナマズ釣りタックルについてはまた後日書きたいと思います。
ナマズ釣りのポイントについてもお話したいなとも思っています。
PR